ブログタイトル

水は、住いにとって大敵です!!

゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚
スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
茨城県守谷市の塗装会社 プロタイムズ茨城南店
株式会社アールネットです。
守谷市の屋根外壁塗り替えならお任せください!
゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*

 

こんにちは、プロタイムズ茨城南店の栗原です。

水は、どんな小さな隙間からでも入り込んでいきます。

それを防ぐのが「外壁」です。外壁は、雨水など

外部からの水の侵入を防ぐとともに、住まいそのものを

守るという重要な役割を果たしています。しかし、

多くの人は、この「ひび割れ」の恐れさを知りません!!

 

ひび割れ

 

少しのひび割れから知らず知らずのうちに水が入り込み、

確実に壁の内部をむじばんでいきます。その結果、壁だけでなく、

」まで腐らせてしまうこともあります。

 

なので、ヒビ割れが壁にありましたら、

なるべく早く補修する必要があります。

外壁にクラック(ヒビ)

゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚
スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
茨城県守谷市の塗装会社 プロタイムズ茨城南店
株式会社アールネットです。
守谷市の屋根外壁塗り替えならお任せください!
゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*

 

こんにちは、プロタイムズ茨城南店の栗原です。

今日は涼しかったですね!!

お客様自身でお家の点検はしていますか?

外壁の劣化で多いのが

「クラック(ヒビ)」、「チョーキング現象です」

クラックがででしまうとそこから水(雨)が入り

外壁が腐らせてしまいます。

それと、チョーキング現象

手で外壁を触ると白い粉が付着します。

これをチョーキング現象と言い、

防水効果がないですよと言うサインです!!

どちらの現状も放っておくと

お家の隅々まで劣化していきます。

なのでそうなる前に対処が必要になってきます。

気が付いたときでいいので、

是非、大切なお家を点検してみてください。

 

 

お家の壁に黒ずみ・・もしやカビ!?

゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚
スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
茨城県守谷市の塗装会社 プロタイムズ茨城南店
株式会社アールネットです。
守谷市の屋根外壁塗り替えならお任せください!
゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*

 こんにちは、プロタイムズ茨城南店スタッフの清川です♪

梅雨ですが・・雨続き、という訳でもありませんね!

むしろ梅雨なんてもう明けてしまったのではないか

というほど晴れて暑い。。(´・ω・)

このまま梅雨らしくない梅雨が明けて本格的な夏到来なのか・・!?

今回はそんな?梅雨や湿気に関する記事となっております!

よろしければ是非、最後までお付き合い下さい(*´∀`*)

リーフライン ブログ

さて、今回のブログはずばり『カビ・コケ』について です。

本日現場調査に伺ったお宅は新築からまだ6年目だそうですが、

外壁カビのようなものがついてしまったとのお悩みをご相談頂きました。

その画像がこちらです。

IMG_0544

緑色の汚れの正体は、カビまたはコケの類です。

カビでしたら漂白剤、殺菌剤などに使われている

次亜塩素酸ナトリウムという薬液を購入して希釈し、スプレーで吹き付けると効果的なのですが、

そのような強い薬品を使ってしまうと外壁材そのものを痛めてしまうため、絶対にやってはいけません!!

汚れを落とす方法としてはぬらして柔らかいブラシスポンジ等で優しくこすってあげたり、高圧洗浄で洗い流すのが一般的ですが

あくまで応急処置にすぎないため、根本的な解決にはならないのです。。

では、どうしたらいいのか。

それを次の項目でご説明します♪

根本的な解決策は?

さて、さきほどカビ・コケなどの類と紹介しましたが

植木など植物が接近して生育している場合など、湿気の多い場所に生じやすいようです。

また、日陰となる建物の北面などはどうしても汚れが目立ってしまう傾向にあります。

上記したように緑色の汚れの除去方法は『ホースで水を掛けながら軽くこする』ことですが

これではもちろん梅雨の時期など、カビやコケなどの繁殖時期には再発してしまいます。

また、繰り返しこする事により壁材表面にキズがつき、ますます彼らにとって住みよい環境を作ってしまうことになります(´・ω・)

IMG_0549

凹凸のついた壁ではあるものの陽当たりのいい面では目立つ汚れがなかったことから

水分、つまり壁の防水性が関係していることは言うまでもありません。

では、壁材の防水機能を取り戻してあげる方法とは。

塗装』です。

一般的な外壁材はセメント系のものに塗装で仕上げているものが多いのですが、

築年数の浅い建物には正常な塗膜があるため

カビやコケなどは発生しません。

セメント系外壁材は、そもそも吸水性が高い素材なので

≪塗装の膜≫による防水効果が失われている場合には

雨水が染み込むようになってしまいます。

その湿気を好むカビやコケが食い込むように生じてしまうのです。

塗装が劣化しているかを見分けるには、陽の当たる部分の壁を手で擦ってみましょう。

白い粉が付いたら、塗り替え時期、ということになります。

チョーキング現在はかなり高性能な防カビ塗料が出回っていますので

工場の内部など、かなりの悪条件の場所でも高い効果を発揮するものですので

気になる方は是非お問合せください!!

≪500の菌に対応するものがあるのです。≫

ご相談などはもちろん無料で承っておりますので

今後のお家のメンテナンス方法など、素朴な疑問や気になるけど聞ける人がいなかった・・なんて方も

みなさまがどのような事でお悩みなのか、という参考にもなりますので

お気軽にお問合せしていただけると私共スタッフも喜びます(*´ー`*)

では、次の記事でお会いしましょう!!

 

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!